人情味溢れる大阪の薬剤師さんと出会いました

最近、体調を崩して病院にかかり、処方された薬をもらいに調剤薬局に行ったのですが、まあ久しぶりに行ってみると、いろいろ気づくことがありますねえ。
ちょっと書いてみたいと思います。

・ジェネリックはいいのだが、、、
ジェネリック医薬品を推奨するところも多いじゃないですか。
私も値段が安いんで、薬はだいたいジェネリックでお願いしています。
でも盲点がひとつありました!
かかっている病院のお医者さんは、ジェネリックの名前を使って話をしてくれないので、薬の名前をいちいち頭の中でジェネリックの名前に変換して話さないといけなんですねえ。
私の場合、薬がフィットするまで何度も入れ替えたり(多いときは5~6種類)していましたので、あれ?どれがどの薬だっけ?ってことになってすごく困ってしまいました。
薬の袋にもともと処方された薬の名前が書いてないので、余計わからなくなってしまったってのもあります。
これはすごく苦労しました。
なんとか改善してもらいたいですよね。

・お薬手帳はページ数が少なすぎかと
「お薬手帳」ってあるじゃないですか。
確かに薬をたくさん飲んでいるときなど、調剤薬局の薬剤師さんが飲み合わせなどのアドバイスしてくれたりするんで、メリットはあるとは思います。
ただ、調剤薬局からもらうシールが大きすぎてすぐに手帳がいっぱいになり、何冊も手帳が増えちゃうじゃないですか。これは超不便ですよ。
大きいときは、シート1枚が1ページ使っちゃいますから。
さらに最近はお薬手帳を持っていかないと、40円とか余計に取られちゃうんですよね。(健康保険の負担によって違うのかな?)
えーーー、だったら要らないけど、、、

・ちょっとした声かけに感動
ちょっと文句のようなことも書いてしまいましたが、それでも嬉しかったこともあるんですよ。
悪い言葉で言うと「調剤薬局なんて処方された薬をただ棚から出して渡してくれるだけ」なんて失礼なこと思ってたんですよ。正直な話。
でも、その調剤薬局の担当のおばさんは、「体調どう?無理せんときよ」とか「絶対良くなるんやから、くじけずにがんばってな!」なんて、すごく親身になって声をかけてくれるんですね。
もちろん人によるのかもしれないんだけど、これにはちょっと感動しました。人っていいなあ。
関西弁、というのも親近感が沸きましたね。素敵な薬剤師さんです。
⇒⇒⇒http://薬剤師求人大阪パート.com